日本/Japan

「ゴルディロックス」 経済は不動産に有利

JLL チーフ・エコノミスト ライアン・セベリーノによると、熱すぎでも冷たすぎでもない「ゴルディロックス経済」は不動産投資に有利な環境だという。

アジアと中東の政府系ファンドが不動産投資を拡大

アジアと中東の政府系ファンド(SWF)や年金基金が不動産に対する投資配分を拡大し続け、新たなサブセクター、とりわけロジスティクスへの投資を率先している。

変幻自在:変わりゆくインダストリアルとリテールの構図

「ジャストインタイム」ロジスティクスは、小売業者に郊外の物流センターを活用することで都心部の在庫保管施設の縮小と店舗スペース拡大を可能とし、リテール不動産とインダストリアル不動産の関係を変化させた。

ホスピタリティのホットスポット

地政学的・経済的変化と技術発展、レジャーのパターン変化、新規市場参入者がもたらす構造的シフトの組み合わせが、世界のホテル業界を変化させる。

日本の不動産市場は上昇基調が続く

アベノミクスと量的緩和の組み合わせから、日本景気は回復し、不動産市場は上昇基調にある。

コールドチェーンロジスティクス市場が過熱

アジア太平洋地域における製薬業界と食品業界の好調が、ロジスティクス不動産で最も厳しい分野であるコールドチェーンロジスティクス(冷凍・冷蔵倉庫物流) への注目を高め、投資家にあたらしい投資機会を提供している。