日本/Japan

機関投資家によるオルタナティブ不動産投資が急増

エクイティ・ファンドや運用会社は、学生寮やデータセンター等のオルタナティブ不動産資産に対する投資を過去5年で3倍に増加させており、継続して不動産ポートフォリオ全体と比較して期待を上回る利回りを達成したオルタナティブ資産への投資機会を探している。

中国資本が国内住宅プロジェクトに参入

中国では、6 4 都市で不動産投資抑制のため厳格な新政策が導入されたにもかかわらず、投資家の投資意欲は衰えをみせておらず、とりわけティア1 都市以外でその傾向が顕著となっている。

米国郊外市場がミレニアル世代をサポート

8,000万人を超えるとされ、今日もっとも求められている従業員世代であるミレニアル世代は、都市志向が強く、ハイペースでアメニティの豊富な都心部のダウンタウンを好むというのが世間一般の通念である。

米国における住宅販売物件数の増加は集合住宅需要にとって脅威とはならない

米国の住宅所有率が上昇する中、住宅および賃貸市場全般のファンダメンタルズは依然として健全である。

選別的資本:投資機会につながるのか?

米国市場を通じて、より多くの投資家がコア投資よりも付加価値追加機会への注目を高めている。

ドイツは欧州の投資家の新たな「セーフ・ヘイブン」なのか?

欧州やその他地域の政治的・経済的な不安定性の高まりを受けて、ドイツは投資家の「セーフ・ヘイブン」としての評価を確立している。